令和6年6月8日(土)さいたま共済会館501.502会議室にて令和6年度定期総会を開催しました。

1.開会のことば 浦和区連合会塩川副会長より

2.会長あいさつ 浦和区連合会松沢会長より

令和5年度、一年間支えていただきありがとうございました。デジタル広報誌、私の力不足で結果を出せず申し訳ありませんでした。また、予算も大幅に余らせてしまいました。これらは次年度に引き継がせていただきます。

3.来賓祝辞•紹介 

さいたま市PTA協議会事務局 渡辺康子様

浦和区区長 原田冬彦様

日頃より子供たちの成長の為にご尽力いただきありがとうございます。9月より区長に就任し、通学路安全対策や交通安全ワークブックの配布を通して子供たちの安全の為の活動を行っております。また、サッカーの町としての事業にも力を入れ、住んでみたい町、住んでよかったと思える町にしていきたいと思っています。

浦和区小学校校長会会長 北浦和小学校校長 永井有司様

各校PTA新しい体制でスタートしているかと思いますが、自校のPTAを見ていて、ボランティアでこれだけのことをしてくれているのかと感謝しています。学校とPTAは、よく自動車の両輪に例えられますが、浦和区連合会としても、共に力を合わせてやっていきたいと思っています。

浦和区中学校校長会会長 大原中学校校長 越智宏明様

昨日まで学校総合体育大会が行われていましたが、部活動の地域移行の問題があります。本日新聞等にもありましたが、体育連盟が種目の削減を決定しました。学校教育本来の道筋を見失わず、子供たちに夢をみせてあげたい。変わっていくことが多い中で、変わってはいけないものを大事にしていきたい。
 
4.議案審議

議長選出、定足数の報告
議長選出:浦和区連合会押井副会長
総数54名、委任状8名+出席者41名=49名
会則4章16条により定足数を満たしているので総会成立

第1号議案 令和5年度事業報告

区連事業は今年は開催なし、その他はコロナ前の状況に戻った

第2号議案 令和5年度決算報告の承認

昨年度から会場費がかなり上がったため、費用の掛からない公民館を活用
毎年10万円以上かかっていた広報誌は、デジタル化することで費用0円に

第3号議案 会計監査報告

第4号議案 さいたま市PTA協議会浦和区連合会会則改正の承認

第5号議案 令和6年度役員選出および、活動目標(案)の承認

新役員代表あいさつ 小畠正大新会長

会長のグループLINEでコミュニケーションをとったり、副会長は副会長会で情報交換をおこなったりして欲しい。

第6号議案 令和6年度事業計画(案)の承認

10月、11月のどちらかで区連特別事業を予定。セミナー、もしくは子供の参加できるイベントを考えているが、詳しい内容は今後皆さんと協議していきたい。また、今年度は合同委員会は開催しない。

第7号議案 令和6年度予算(案)の承認

広報誌の予算、前年度は0円だが、デジタル広報誌の総括を今後行い、予算や媒体についても検討する。

5.その他 新任の校長先生•PTA会から一言あいさつ

新任の校長先生3名のあいさつの後、新任のPTA会長から楽しい自己紹介をお聞かせいただいた。

6.閉会のことば 山本夕紀新副会長

令和5年度役員6名と退職される事務局渡辺さんへ花束が贈呈された。
1717834434234

令和6年3月2日(土)の15時から、さいたま市PTA協議会浦和区連合会令和5年度第3回PTA会長会が、常盤公民館の講座室にて行われました。

まず理事会報告として、次の6点が上がりました。

①区連口座の名義確認作業
・ゆうちょから名義確認のための書類提出依頼が来ている
・名義の代表者が区連発足当時の会長磯田さんのまま
・令和6年度の役員人事に合わせて名義確認作業をしたい
・提出書類には、会の設立年月日、事務所の所在が確認できる書類等の添付が必要
・規約等から、会の設立年月日、事務所の所在が確認できるように、規約改正したい
・規約に、会の設立年月日、事務所の所在の追記をするため、令和6年度定期総会で規約改正をしたい
・代表者を令和6年度会長にして、手続きすることを引継ぎたい

②新旧役員理事会(引継ぎ会)の開催について
・令和5年度役員と令和6年度役員の引継ぎ会を開催したい
・日程調整を行い、常盤公民館(講座室)を予約予定

③令和6年度定期総会について
・令和6年6月8日(土)15時からさいたま共済会館(501・502)にて行う

④市Pの情報漏洩保険の加入状況を会長会LINEにて共有しているので、確認してほしい

⑤市PのHPに第三者委員会について
・市PのHPに第三者委員会の報告が上がっている
・朝日新聞にも出ている
・保護者から何か問い合わせがあった場合、市P事務局に問い合わせるように言ってほしい

⑥広報誌コンクールについて
・4月13日(土)13:30-16:00に広報誌コンクールがレイボックホールにて行われる
・審査員として中学校2名、小学校2名出すように依頼が来ている
・区連としては、平成27年より輪番制で審査員を出すことが決まっているため、今年は針ヶ谷小と浦和中の2名が参加する(令和5年度定期総会資料 区連組織図p10 参照)

今回の大事な議題として、次期役員についての話し合いが行われました。
・役員輪番制のため、来年度は埼大附属小が役員になる予定だが、国立の小学校であるという立場と、長年区連にオブザーバーとして参加してきたという状況のため、役員として仕事をすることは難しい
・学校側とも長い間話し合い、国立の小学校としての立場がある一方、浦和区に通う子供たちやその家庭が区の情報を取りに行く必要性があることも考え、区連の活動には参加していきたい、できれば何かしらの形でお手伝いはしたいという意向
・各単会にも意見等伺い、その中で、「もともと輪番制自体に反対だし、必ずしも6名である必要はない。」「浦和区の仲間としてポジティブにとらえたい」「手伝いたいとは言うが、具体的に出てこないので、できることを教えてほしい」等の意見が出る
・埼大附属小はオブザーバーとして新年度の役員LINEには参加してもらい、オブザーバーとして区連役員の仕事を見て知ってほしい
・役員が実質5名になってしまうと大変なので、本太中と常盤小が入ることに

最後に塩川副会長から、「埼大附属小が腹を割って話してくれたおかげで、区連が一致団結できたと思う。」という言葉で、今回の話し合いはまとまりました。

今後は新旧役員でグループLINEを作り、円滑な引継ぎを行っていきます。
1709706577553

令和6年1月13日(土)の15時から、さいたま市PTA協議会浦和区連合会令和5年度第2回PTA会長会が、仲本公民館の和室にて行われました。

押井崇副会長の開会の言葉に始まり、松沢大輔会長からは「さいたま市PTA協議会が日本PTA全国協議会を脱退するという話が盛り上がっているが、あくまでこれは理事会での決定であり、次年度の総会にかけることが決まったということです。この件に関しては単会で協議し、総会にて賛否を示して下さい。何か意見があれば、それまでに理事会に言って下さい。」とのお話。

「さいたま市児童・生徒ワイド補償制度」について、AIG損害保険株式会社 中村様からご説明を頂きました。
・現在約1万3700名(市P会員の約13%)が加入
・損害保険料率の改定のため約4%アップとなる(個人賠償責任補償における恒常的な損害率の悪化、新型コロナウイルスによる支払いの増加、物価高騰による保険金支払い額の増加などの影響により、保険引受収支の改善が必要になった為)
・2024年度は有料割引ダウンの為全体で約33%(前年約45%、全然年度約48%)の割引適用となる。(保険金支払額の増加などの為)
・紙の加入依頼書に加え、オンライン申込もあり
・卒業までは自動継続となるが、新入学時には再加入が必要
・学校説明会用動画配信に関しては、1月下旬以降にURLを送るので新入学生徒保護者説明会等での視聴をお願いする
・1/18に新入生用パンフレットを発送予定(在校生用は2月中旬を予定)
・「さいたま市PTA協議会あんぜんmyマップ」について、PTA・学校・家庭が一体となって“こどもの安全を守る活動”に役立てることができるので、是非活用を。

説明の後には質疑応答コーナーがありました。
Q.児童・生徒ワイド補償制度は附属小の会員も加入できますか?
A.大丈夫です。
Q.どんな内容での保険金支払いが多いですか?
A.新型コロナウイルスの他、自転車での転倒による怪我、車にぶつけてしまっての損害賠償などです。

次年度役員については、2年前に決まった輪番が一巡します。立候補者はいなかったため、多数決の結果予定通り輪番制グループCの6校で次年度役員をしてもらうことになります。

また、さいたま市PTA協議会の今川様にお越しいただき、様々な質問にお答え頂きました。
 Q.総会資料を総会当日に渡されても本部で話し合えないので困ります。もっと早くもらえませんか?
 A.以前は先に送付していました。対応します。
Q.日Pを抜けることになったら、現在日Pに払っている会費分のお金はどうするのか。予算は抜ける場合と抜けない場合の2種類用意するのか?
A.日Pを抜けても、参加費を払えば研究大会に参加できるのであれば参加したいと考えています。予算に関してはまだ検討中です。また、現在市Pは繰越金が無いので資金繰りが難しい状態なので、少しずつ余剰金を貯めていきたい。
Q.今のトップダウンの形式だと、単会の意見が吸い上げられず問題ではないですか?
A.昔は逆だったが、いつからかトップダウンになってしまった。なんとかしたいと思います。

最後は塩川和彦副会長のお言葉で、和室での和やかな会議は幕を閉じました。
1705569050167

↑このページのトップヘ