2018.9.7第1回副会長会

市民会館うらわにて、第1回副会長会が開催されました。

今回は今年度就任された大庭会長の挨拶後、NPO教育支援協会南関東の金子さんより子どもがあそびを通して学ぶ機会を創出する大人「あそび先生」の地域輩出を目指すための「あそび先生スキルアップ研修」の案内からスタートしました。

続いて会長より「舘岩少年自然の家視察研修」「日本PTA全国研究大会 新潟大会」についての事業報告がありました。新潟大会ではPTAが地域とともにどういう風に社会を変えていけるか、生徒が日々学校生活で安心して過ごせるようPTAによる働き掛けの重要性を学ぶ機会となったようです。また今後の予定として「秋の健幸ウォーキング」「いじめノックアウト講座」が開催予定だと伺いました。いじめは昨今、時代の変化によりSNS等による活字でのいじめが増加しているとのことで、PTAとしても対応を学ぶことは大切な役割だと考えます。

グループ討議では「本部役員決めについて」と「学校・会長との関わり方」を議題とし、情報交換が行われました。本部役員の決め方は役員経験者へ直接声掛けを行い選出、選考委員による選出、現役本部役員が選出、事前アンケートの結果で希望者へ説明会を開催し選出など実にさまざまであることが分かりました。実際にそれぞれが副会長になった経緯も興味深く聞くことが出来ました。これから次年度に向けて本部役員選出活動を行う時期となることもあり、とても貴重で有意義な討議となりました。また学校・会長の関わりについても各校対応が異なりましたが、それぞれがより良きPTAを目指して日々学校・会長と良好な関係を築きつつ活動している実態を垣間見ることが出来ました。 

 最後にPTA活動ならびに学校行事活動について各校がPRを行い、閉会となりました。

 取材;大東小 村上、大原中 

2018.9.1第1回会長会

 平成30年9月1日(土)、浦和コミュニティセンターにて第1回会長会が開催されました。

國分副会長の開会の言葉にはじまり、大庭会長より挨拶がありました。挨拶の後「舘岩少年自然の家視察研修、環境整備」と「日本PTA全国研究大会新潟大会」の報告があり、続いて10月25日に開催予定の「秋の健幸ウォーキング」、10月30日に行われる「いじめノックアウト講座」の案内がありました。

 その後、3つのグループに分かれ、グループ討議に入りました。議題は「PTA会長の選考の仕方」や「PTAと学校や校長先生との関わり方」についてなどの各学校情報交換、意見交換です。

グループ討議後、グループ代表者が各学校の意見をまとめ、話し合われたことを発表しました。会長選考の仕方は多くの学校で、全保護者からの推薦、前会長からの推薦という方法がとられているとの事でした。また、PTAと校長先生や学校とのコミュニケーションがスムーズに図られているという学校も多く、引き続き連携を強めていきたいというお話がありました。
PTA会長になったメリットのご紹介もありました。例えば、視察研修や会合に参加することで学校や地域を越えての出会いがあり、その中で情報交換をしたりコミュニケーションを図ったりすることで、他校のやり方を自分たちの学校に取り入れたりすることができるというお話がありました。また、会長職をつとめていき、自分自身の成長につながっているとの事でした。

 今回の討議では、PTAと校長先生や学校との連携は欠かせないものであるとの見解で一致し、有事の際は必要に応じてPTAから保護者への対応を率先して行っていきたいという意識の共有をしました。

 最後は木原副会長の言葉で閉会になりました。

取材;常盤小 深井、仲本小 武石 

全国大会①
 平成30824日〜25日、
66回日本PTA全国研究大会新潟大会・第50回日本PTA関東ブロック研究大会新潟大会に参加しました。

「教育は未来を拓く 新潟発 米百俵の精神!~新潟に集い、語ろう 未来の人づくり~」のテーマのもと、全国から約6,400名が集まりました。

全国大会③ 

 初日は10のテーマごとに新潟県内の各地で分科会が開催され、浦和区連は8分科会:健康安全「子どもたちの笑顔を、そして命を守るために」に参加。子どもたちが日々安全に過ごすため、PTAや地域ができることついて学びました。
 2日目の全体会では
、俳優の高橋克美さんとMC松井弘恵さんによる対談形式の記念講演が行われ、高橋さんから夢を持つことの大切さについて、ご自身の経験をユーモアたっぷりにお話いただきました。

 全国大会終了後は、引き続き関東ブロックPTA研究大会新潟大会が開催。参加者一同、大変有意義で充実した2日間となりました。

↑このページのトップヘ