2017.10.17健幸ウォーキング
 
浦和駒場スタジアムにて、秋の健幸ウォーキングが行われました。
 「健幸で元気に暮らそう!」を目的に、さいたま市では4年前から「歩く」を基本に「体を動かす体を動かしてしまう」まちづくりに取り組んでいるそうです。そして、その取り組みに、今回初めてPTAが参加することになり、浦和区内18校の小中学校より35名が参加しました。
 前半は、会議室で保健センターの保健師による「運動の必要性」についてお話をしていただきました。
 後半は、セントラルスポーツのインストラクターによる「歩くことによる効果」と「正しい歩き方」についてお話をしていただきながら、実際にストレッチとウォーキングを行いました。
 歩くことに力を注ぎ、姿勢を意識して歩くことで「健幸」につながるということを実感することが出来て、大変有意義な時間でした。
取材;上木崎小 齋藤、木崎中 渡辺

2017.9.8第1回副会長会
 
平成2998日(金)浦和コミュニティーセンターにて第1回副会長会が開催されました。はじめに、浦和区PTA連合会浅野敬尚会長より挨拶がありました。

今回は平成29530日に改正された個人情報保護法に伴うPTA運営について、不安なこと、今後問題になるであろうことなどをグループに分かれて話し合い、発表しました。

改正により、以前より適用除外されている小規模事業者(保有する個人情報が5000人以下の企業)が、個人情報保護法の対象となりました。PTAは小規模事業者ではありませんが対象となり、個人情報の取り扱いに制約を受ける団体となりました。

現在は、学校が所有している個人情報をPTAが使わせていただいています。また、給食費と一緒にPTA会費を銀行口座から引き落としさてていただいている学校もあります。しかしこれからは、改正によってこのようなことに関しても会員の同意を得ることが必要となります。

グループでの話し合いの中では各学校から活発な意見が交わされました。例えば「会員に同意を求めるにあたり、説明の仕方や同意書の回収方法はどうしたら良いのだろうか」「現在はどのような個人情報をPTAは取扱っているのか」「既に加入している家庭、新入生への家庭への対応はどのようにしたら良いのだろうか」などの意見や疑問がありました。

これらのことを踏まえ、個人情報の取扱いについて各学校のPTAにてさらに話し合いを重ね「個人情報取扱規則」などを作成し、個人情報の管理・運営方法を定めなければなりません。また、PTAの参加については書面にて入会の意思確認と個人情報利用の同意を得る必要があります。個人情報の取扱に関しては学校とよく話し合い、ルールを決めることも必要となります。

 児童・生徒の健全育成のため、引き続き学校とPTAの連携が重要となります。
取材;常盤北小 原崎、大原中 金森

2017.9.2第1回会長会
    仲本公民館にて、第1PTA会長会が開催されました。司会は高砂小の山中さんが担当しました。
 國分副会長の開会の言葉に始まり、浅野会長の挨拶、その後さいたま市PTA協議会会長 青羽様からご挨拶を頂きました。
 その後同 青羽会長と同 鈴木副会長よりワイド保障制度と個人情報保護法についてお話があり、922.26日に市民会館おおみやに於いて説明会があると連絡がありました。
 続いて浅野会長と國分副会長より今後の予定として、舘岩少年自然の家の視察研修・環境整備(917.18日)、秋の健幸ウーキング(1017日)、学校見学会(1030日 浦和第一女子校)について報告がありました。
 ワイド保障制度と個人情報保護法については各校から様々な意見や質問が出され、ことの重要性と各学校とPTAが連携をとりながら慎重に進めるべき議題であることを感じました。

                      取材;本太小 鈴木、針ヶ谷小 近

↑このページのトップヘ